無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

義勇とのお出かけ1
あなた

冨岡さーん!

冨岡    義勇
冨岡 義勇
ん?
あなた

出かけましょ!

冨岡    義勇
冨岡 義勇
あぁ。そのつもりだ
あなた

朝ご飯の時出掛けること覚えてくれてて嬉しかった(´˘`*)

冨岡    義勇
冨岡 義勇
お、おう....(なんだその笑顔....可愛い...)
あなた

何かあった?

冨岡    義勇
冨岡 義勇
いや何も無い。出掛けよう
時透    無一郎
時透 無一郎
壁|ω・`)チラッ
あなた

あっ無一郎くんだ!

時透    無一郎
時透 無一郎
あなたちゃーん!
あなた

やっほー!

時透    無一郎
時透 無一郎
いーなー義勇。あなたちゃんと2人でお出かけなんて
冨岡    義勇
冨岡 義勇
( -ω- `)フッ
時透    無一郎
時透 無一郎
( ˘•ω•˘ )ムカッ
あなた

無一郎くん今度一緒に出掛けよ!

時透    無一郎
時透 無一郎
やった!!
冨岡    義勇
冨岡 義勇
ファッ!?(・д・)
時透    無一郎
時透 無一郎
(。-∀-)フッ。
冨岡    義勇
冨岡 義勇
(^^╬)イラァ
時透    無一郎
時透 無一郎
行ってらっしゃい チッ
あなた

行ってきます!

冨岡    義勇
冨岡 義勇
:(;゙゚'ω゚'):い、行ってきます
あなた

どこ行く?(*º▿º*)

冨岡    義勇
冨岡 義勇
甘味処行きたい。団子が食いたい
あなた

いいね!そしたら他の人にもお土産買ってけるしね(*^^*)

冨岡    義勇
冨岡 義勇
あなたは優しいな
あなた

えへへ( ´ ꒳ ` )

冨岡    義勇
冨岡 義勇
グッ....(´ཫ`)(尊いくらいに可愛い)
あなた

大丈夫?!

冨岡    義勇
冨岡 義勇
あ、あぁ....
店員
店員
いらっしゃいませ。ご注文は
冨岡    義勇
冨岡 義勇
何にする。俺はみたらし団子
あなた

私はいちご大福!

冨岡    義勇
冨岡 義勇
みたらし団子、いちご大福1つずつ頼む
店員
店員
はいよ〜んじゃあそこの席座ってください
あなた

あっみんなにおはぎと桜餅と三色団子買ってこ!

冨岡    義勇
冨岡 義勇
あっあと持ち帰りでおはぎと桜餅と三色団子10個ずつお願いする
店員
店員
分かりました
あなた

んーおいひ〜

冨岡    義勇
冨岡 義勇
1口貰えないか...?
あなた

いいよ!じゃあ冨岡さんのも1口ちょうだい!

冨岡    義勇
冨岡 義勇
ŧ ‹" ŧ ‹"....美味い
あなた

ŧ ‹" ŧ ‹"...美味し〜

あなた

お土産も買ったし帰ろ!

冨岡    義勇
冨岡 義勇
そうだな
あなた

お金払うね!

冨岡    義勇
冨岡 義勇
いやいい。俺が払う
あなた

悪いよ

冨岡    義勇
冨岡 義勇
いいや。払わせてくれ
あなた

じゃあお言葉に甘えて....

店員
店員
まいどありー!
続く