無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

熱が出た
胡蝶    しのぶ
胡蝶 しのぶ
実弥さん。あなたさん起こしてきてくれません?
不死川    実弥
不死川 実弥
いいぞ。またあいつ寝坊かよ
宇髄    天元
宇髄 天元
いやここはこの俺が派手に起こしてきてやる!!
不死川    実弥
不死川 実弥
大丈夫だァ!
あなたの部屋へ向かう
あなた

ハァ....ハァ....(あなたの部屋の前で倒れている)

不死川    実弥
不死川 実弥
?!だ、大丈夫か!!(あなたに駆け寄る)
不死川    実弥
不死川 実弥
顔が赤い....もしかして(おでこに手をあてる)
不死川    実弥
不死川 実弥
やっぱな。お前熱あるじゃねぇか!!
あなた

ご、ごめん.....ハァ...

不死川    実弥
不死川 実弥
そういや昨日びしょ濡れで帰ってきたよな....冨岡か...冨岡だ!!
不死川    実弥
不死川 実弥
とりあえずみんなのとこ行くぞ(あなたをお姫様抱っこする)
続く