無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

柱に助けてもらうよ☆
冨岡さん
あなた

あっ冨岡さーん!

冨岡    義勇
冨岡 義勇
ちょっそこ危なi
あなた

キャァァァ(転びそうになる)

冨岡    義勇
冨岡 義勇
バフッ....(受け止める)
冨岡    義勇
冨岡 義勇
危ない....
宇髄さん
あなた

天元ー!ドンッ(棚にあたる)

宇髄    天元
宇髄 天元
危ないぞ!
ヒュー(物が落ちてくる)
宇髄    天元
宇髄 天元
ドンッ(自分が上になってあなたを助ける(語彙力)床ドン状態ね)
宇髄    天元
宇髄 天元
気を付けろよ...
あなた

う、うんありがとう!

伊黒さん
あなた

罰ゲームで屋根の修理って.....

あなた

よし終わったって....あぁぁぁぁぁぁ!!(屋根から落ちる)

伊黒    小芭内
伊黒 小芭内
フワッ(あなたをキャッチする)
伊黒    小芭内
伊黒 小芭内
ちゃんと足元を見て歩け。だからいつも怪我するんだネチネチ
伊黒    小芭内
伊黒 小芭内
俺が居てよかったな(ボソッ)
あなた

ありがとう