無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
883
2021/07/27

第16話

15
なんかさコメントしてくれる子にキュン死(?)
したし
フォローしてくれた子がプロフィールに
名前書いててくれて嬉しすぎて調子乗りそうな
作者です
因みに雰囲気オシャレだったのもあり認知するの
速かった。名前可愛かった。

あ、本編に続きます


﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣



なんなんこのゴキちゃん
精神すごくえぐってきますね!
普通の女子なら泣くぞ!
ぶりっ子なら泣くだろうが私の脳内が
許さなかった
雌豚ってなんだよ、こちとらこの頃体重計見て
泣いたんやぞ!
傷口えぐるんじゃねぇよ(泣)


侑「俺こんな奴と遊ぶん嫌なんやけど」

治「俺は面白そうやしええけど」

治っちみたいな彼氏探すわ←ゑ

倫「なら帰ったらいいんじゃない?1人で」

『それなぁ♡嫌なら帰りやがれくださぁい♡』

治「せやな、ツム居らん方が喧しくなくて
ええわ」

双子にも嫌われてて草
え、分かってるよこんな風に言ってるけど
宮侑の事ちゃんと信用してるんだよね!
良い双子愛だよホノボノするね!

治「そんな双子愛あるかいな」

ありゃ?皆私の心読むの得意だねぇぇ

倫「声出てるから」

あ、おわた。

ぶりっ子口調じゃない、おわた

皆ごめんね、私は今日が命日らしいよ
今までありがとう…


fin












ってなるかい、終わらねぇよ
まだ青春終わってねぇよ、恋もしてねぇよ
泣くぞ


侑「…ぶりっ子よな?」

『はにゃ??ふぇぇ私ぃーわかんなぁい♡』

倫「はにゃ」

治「はにゃ」

おい、そこリピートすんなよ
英語じゃないんやぞ


侑「…キモ」

おい、、こちとら手前みたいな
ナルシスト無理だから嫌われてもいーけどさ!
一応女やぞ!?乙女なんやぞ!

『ふぇぇぇ(泣)酷いよぉぉぉ、倫ちゃん!
いじめられたァァァ』

私の演技凄くね??秒で泣いたぞ
え、ドヤ顔やめろ??無理だね

「うわ、あんな可愛い子泣かしてる」

「うわぁ顔はいー癖に」

「無理だわァ」

「サイテーだな」

?「何女子泣かせとんねん、侑」

え??

侑「き、き、き、き、北さんンンンン」

北、さん??

治「北さん聞いてください、
こんな可愛い女の子に
キモイとか言うたんですよ」

え、イケメン。ちょータイプなんだが??←ゑ
あのー可愛いとかっこいいを合わせたような…良き

倫「俺の幼なじみ泣かされました
殴っていいですか??いいですよね??」

なんか物騒だぞ、倫ちゃん

北「侑??女の子泣かせるなって言うとるよな?」

絶対紳士だ、男の中の男だ
嫁に欲しい←ゑ

侑「す、すんません」

やべぇざまぁってニヤけそう、いやもうニヤけてる

北「大丈夫か?ごめんな」

『…スゥゥ好きです、嫁に来ません??養いますよ』

倫「ゴホゴフゴッホ」

侑「は??」

治「勇気あるなこの子」

『可愛いとかっこいいの間ぐらいの顔の絶妙さ
女子を思う紳士さに惚れました。
後、単純にタイプです。
ってことで嫁に来てください。』

北「俺、名前も知らんのやけど」

『清水あなた、
烏野高校1年男バレマネージャーです。』

北「そうかあなたか…。奇遇やな
俺、男子バレー部やねん」

『え゛』

え、男子バレー部??バレー部??
ぶりっ子…してない、手遅れだ、おわた

北「北信介、よろしゅう」

『え、あ、宜しくお願いします』

倫「え、付き合ったの??え?浮気??」

いや、あんたと付き合ってねぇし

北「ごめんけど結婚できんわ
お互いの事あんま知らんしな」

『ウッお互いの事知ったら嫁に来てください』

北「もし好き同士やったらええよ、
後、俺が夫な」

返しが良き、好き、推す、一生ついて行きます

侑「お前、ぶりっ子ちゃうかったんか…」

『あ、』

おわた、死んだ

倫「意外とバレるの早かったね」

『北さんが尊いせいだと思う』

治「ぶりっ子のままでも面白かったのにな」

ごめんな、偽ぶりっ子で

侑「…騙されたんか」

え、なんかごめん

『いや、うん、まぁ元々マネでもぶりっ子してるし』

倫「此奴変だよね」

おい

治「ぶりっ子とか嫌われるやん」

『それが目的なんだわ』

治「…M??」

おい、ちゃうぞ

侑「ぶりっ子やないんなら…しゃーない
友達なったるわ」

『ほう、これがツンデレとゆうものかね??』

倫「いや、ツンデレデレぐらいでしょ」

侑「友達なりたくないんやったらええけどな!」

『なるなる〜ww』

可愛いな、此奴
てか稲荷崎高校の凄い人(?)にバレた…?




脳内会議

Aあなた「今バレてるのは2高と他校の数人」

Bあなた「まず音駒、稲荷崎(?)にバレてる」

Cあなた「月島、影山、国見、
金田一、岩ちゃん、及川さん」

Dあなた「これ以上バレたらやばいな」

Aあなた「とりあえず烏野はこれ以上ダメだ」

Bあなた「バレないよう頑張るぞーー!」

皆「おーーー!」




『この事は他言無用でおねしゃす』

北「別にええで」

好き

侑「頑張るわー」

え、怖い

治「おにぎり奢ってくれたら」

奢ります

倫「幼なじみだし言わないよ(面白いし)」

おい、()の中見えてるからな




なんだかんだ兵庫に来て3日が経ち帰る日に

『北さんと離れるとか泣いたわ』

倫「え、俺は??」

『寂しい』

倫「俺もだよ」

侑「もう稲荷崎に来たらええやん」

『姉が烏野いるからさ☆』

侑「なんでや!姉の方が大事なんか!俺より!」

当たり前

治「また会いに来てな、絶対」

『絶対行く』

可愛いなお前

北「いつでも遊びに来ーな」

『はい!!!』

好き、我の推しは今日も最高だ、にやけちゃう


『じゃあ』


「『またな!』」