第11話

10
1,754
2020/04/20 12:34
和泉一織
和泉一織
食べている最中にごめんなさい。
いくつか質問してもいいですか?
松原あなた
松原あなた
はい?

一織くんが突然私に聞いてきて、口の中に入っているケーキを急いで飲み込んだ。
松原あなた
松原あなた
何ですか?
和泉一織
和泉一織
その、、sanaって名前、本名ですか?
和泉一織
和泉一織
それとも、偽名ですか?
松原あなた
松原あなた
え?

最初の質問は、sanaが本名か偽名か。




結論から言うと、sanaは偽名だ。
だけど、その事をいってもいいのか...。
少しうーんと悩む。
とりあえず、嘘はつきたくないから偽名ってことだけいって本名を言わなければいいかな...?
松原あなた
松原あなた
えっと...sanaは偽名です。

悩んだ結果、そう答えた。
和泉一織
和泉一織
そうですか。では、本名を教えてもらうことは可能ですか?
松原あなた
松原あなた
!!

本名を言わないって決めたのに...まさか聞かれるとは思わなくて戸惑う。
松原あなた
松原あなた
え、あ、あの、何でですか...?
和泉一織
和泉一織
...そりゃ、本名で呼びたいからに決まっているでしょう。
松原あなた
松原あなた
...え、え?

呼びたいから...?
松原あなた
松原あなた
なんで?......あっ

心の声が綺麗に声にでた。
一織くんが少し驚いている。



しまった。...私のバカ。
和泉一織
和泉一織
なんでっ...て、そんなの、私にも分かりません。
松原あなた
松原あなた
...え?

一織くんが下をうつむいてボソッと言う。



少し照れている...?なんで?



訳がわからなすぎて混乱するけど、照れてる一織くんが少し可愛く見えたのは秘密。
松原あなた
松原あなた
...あなた。
和泉一織
和泉一織
え?
松原あなた
松原あなた
名前。あなた...です。

言ってしまった。
けど、一織くんには本名で呼んでほしいってどこかで思っていたのかもしれない。

ちらっと一織くんを見る。
和泉一織
和泉一織
あなた...いい名前ですね。
和泉一織
和泉一織
教えてくれてありがとうございます。
松原あなた
松原あなた
い、いえ。
和泉一織
和泉一織
それと、他の人には絶対に言わないで下さいね。
松原あなた
松原あなた
えっ!?あ、はい!

色々何でか分からなくて、とりあえずケーキを食べた。甘い。美味しい。
和泉一織
和泉一織
そんな急いで食べなくても、ケーキは逃げませんよ。...あっ、
少し呆れた風にそう言ったと思えば、なぜか一織くんの顔が近づいてきた。



近づいて...え?
松原あなた
松原あなた
!?!?

口の横に何か触れられた感触が...
和泉一織
和泉一織
ケーキ、ついてました。

一織くんが自分の指をぺろっと舐める。



もしかして...今、ケーキ、私の口の横、指、...!?

ケーキ、とってくれた!?

松原あなた
松原あなた
あ、ありがとうございま..す
和泉一織
和泉一織
いえ。ゆっくり食べて下さいね。
松原あなた
松原あなた
はい

今日は命日ですか?私何回死ねばいいんですか?


恥ずかしさのあまり、一織くんの顔を見れないので下を向きながらケーキを食べた。

------------------
作者(いろは)
作者(いろは)
学校の課題が多すぎて泣きそうです。
作者(いろは)
作者(いろは)
(  ;∀;)(  ;∀;)
作者(いろは)
作者(いろは)
投稿遅くなってごめんなさい。
そしてこれからも遅くなります。。
作者(いろは)
作者(いろは)
目標1週間に1回は投稿する!!!
作者(いろは)
作者(いろは)
作者は❤️をくれたりお気に入り登録してくれたりコメントくれるとやる気が出ます(((((
作者(いろは)
作者(いろは)
やる気が出ると沢山投稿しまs(((((
作者(いろは)
作者(いろは)
調子のりました( ´,_ゝ`)
(*・ω・)ノバイバイー

プリ小説オーディオドラマ