無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ほんとう
ててside*


ヌナがお熱を出した。



今は部屋にこもってるみたい。




あぁ、心配心配心配…←



昨日から具合悪いって言ってたな…







そうだ!おかゆ作ってあげよう!



だいすきな僕がつくったおかゆ食べれば元気になるよね♡←
て て
て て
♪~
じ ん
じ ん
あれ、どしたのキッチンきて。
て て
て て
あぁヒョン 。ヌナにおかゆ作るんですよ♡
じ ん
じ ん
ぇ…ぼ、くが作るからいいよ ッ
じ ん
じ ん
(こいつが料理したら料理じゃなくなる…!)
て て
て て
なんでですかぁ~
て て
て て
もう決めたことなんで、作りますね~
じ ん
じ ん
わかった!!教えるから一緒に作ろ!
て て
て て
手助けはいらないでs…
じ ん
じ ん
ね!一緒に作ろ!
て て
て て
…わかりましたよ…
かれこれ30分…






て て
て て
わーい、できたぁッ !
て て
て て
さっそくヌナに食べさせて来ますッ
じ ん
じ ん
うん!いってらっしゃい!



コンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン←
て て
て て
ヌナぁ!僕がおかゆつくったよ!
ヌナ
ヌナ
ん、ててちゃん~
て て
て て
食べる?食べるよね?食べさせてあげるね!
て て
て て
あぁ~ん
ヌナ
ヌナ
あぁ~ん ッ
ヌナ
ヌナ
モグモグ
て て
て て
おいし?
ヌナ
ヌナ
おいしい!ててちゃんこまうぉ ~
て て
て て
ヌナのために、頑張って作ったんだ!
ヌナ
ヌナ
ふふ、ありがと。









「おいしい」

そう言ってくれたきみ。










「ありがとう」

そう言ってくれるきみ。





目が笑っていないような、



なにかひっかかっているような、


どこかさびしい表情を浮かべてそういうきみは













「ほんとうにそうおもってるの?」
て て
て て
ヌナ、無理はしないでね?
ヌナ
ヌナ
え、?
て て
て て
あ、なんでもないんだよ!








そういうとまたうつむくきみ。



ねぇヌナ 。

本当のことを言ってね?






















「ヌナに ほんとう はあるの?」