無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

....
ただいま
ドアを開けてリビングに入ると彼が
テレビの前にいた。
おかえり
夜ご飯食べる?それともお風呂?
ご飯と答えると、君は顔をくしゃっとして
笑った。
りょーかい
ご飯を食べるときも、彼は私の顔を見ていた。
何よ、
別に?
ご飯を食べたあと、体が熱くなった。
え、どうして?
隣に座ってる彼が動くと、
ん、あ、
喘いでしまう。
どうした、効いてきた?
彼が笑いながら、私を見てくる
まさか