無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10話
私は試合で疲れたため
ナワーブさんの部屋に直行した
ガチャ
神季(なまえ)
神季あなた
あれ……ナワーブさん居ない……
私は疲れきっていて頭が働かなかった
近くにあったソファに倒れた
神季(なまえ)
神季あなた
すぅ………すぅ………
―――――――――――――――――――――――――
目が覚めると私に毛布がかかっているのがわかった
神季(なまえ)
神季あなた
(毛布………?)
ゆっくり体を起こすと……
ナワーブ・サベダー
ナワーブ・サベダー
すぅ……
隣でナワーブさんが寝ていたことに気づいた
神季(なまえ)
神季あなた
(ナワーブさん寝てた………
毛布かけてあげよう……)
私はナワーブさんに毛布をかけ
その場を去ろうとしたその時だった
グイッ
神季(なまえ)
神季あなた
ふぁ……!?
思いっきり腕を引っ張られた
何が起こったか理解ができなかったが
神季(なまえ)
神季あなた
(なんで私……抱きしめられてるの…!?///)
そう私はナワーブさんに抱きしめられていた
一体どんな夢を見てるんだ///
ナワーブ・サベダー
ナワーブ・サベダー
むにゃ………
むにゃってなんですか!?可愛すぎです!!!!///←キャラ崩壊
神季(なまえ)
神季あなた
あ…わわ///
やはり眠っていても男の人の力には勝てなかった
私が慌てていると………
ナワーブ・サベダー
ナワーブ・サベダー
ん………ふぁ…よくね………た……?
ナワーブさんもこの状態が理解出来てないらしい
私を見た途端固まった
ナワーブ・サベダー
ナワーブ・サベダー
!?!?!?!?!?!?///
ようやく理解したのか
声にならない声を出していた
ナワーブ・サベダー
ナワーブ・サベダー
え……と……なぜこのような状態に?///
神季(なまえ)
神季あなた
えっと……私が起きたら
隣でナワーブさんが寝ていたので
毛布をかけて部屋を出ようとしたんですが
寝ぼけてるのか腕を引っ張られて……
今です
私は起こったことをそのまま話した
ナワーブ・サベダー
ナワーブ・サベダー
そ…そうか………済まない
本っ当に済まない!
神季(なまえ)
神季あなた
い、いえ!気にしてないので!
めちゃくちゃ慌ててる………
コンコン
ナワーブ・サベダー
ナワーブ・サベダー
誰だ?
ヘレナ・アダムス
ヘレナ・アダムス
ヘレナです………
ヘレナ・アダムス
ヘレナ・アダムス
あなたちゃんに用があって……
神季(なまえ)
神季あなた
わ…私ですか?
ヘレナ・アダムス
ヘレナ・アダムス
うん……実は
帰ってきたばかりで悪いんだけど…
ヘレナ・アダムス
ヘレナ・アダムス
次のゲーム、またあなたちゃん
らしいの………
神季(なまえ)
神季あなた
へ…………
ヘレナ・アダムス
ヘレナ・アダムス
ナイチンゲールの命令なの…
さっきは優鬼であなたちゃんは
このゲームをまだちゃんと理解してないかもしれない…だから次のゲームで分からせるって…
神季(なまえ)
神季あなた
(こわ………)
ナイチンゲールさんに逆らったらやばいんだよね……
神季(なまえ)
神季あなた
分かりました………
疲れてるけど寝たから
大丈夫だよね……?
ナワーブ・サベダー
ナワーブ・サベダー
大丈夫なのか
神季(なまえ)
神季あなた
はい
ヘレナ・アダムス
ヘレナ・アダムス
ちなみにメンバーは
私、あなたちゃん
ノートンさん、モウロさんだよ
神季(なまえ)
神季あなた
そっか……頑張りましょうね…!
ヘレナ・アダムス
ヘレナ・アダムス
うん!
ナワーブ・サベダー
ナワーブ・サベダー
気をつけて行ってこいよな
神季(なまえ)
神季あなた
はい