無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
5,556
2021/11/05

第1話

1話 推しの人気がありません
別に、視聴回数が100万回を超えなくたっていい。

別に、世界中の人に観てもらわなくたっていい。

ただ、画面の中の『彼』が笑顔でいてくれるだけでいい。
あなた
(でも……)
本当はいつか、大きなステージの上で輝く姿を観てみたい。

――これは、そんな私と、ちょっぴり冴えない『推し』の物語。



 *   *   *

お客さん
ねぇ、口座開きたいんだけど
あなた
新規のお申込みですね。
本人確認書類はお持ちですか?
お客さん
え?
あなた
えっと、銀行口座を開くには
免許証やマイナンバーカードといった書類が必要でして……
お客さん
そんなの聞いてないわよ!
わざわざ遠くから来たのに……
必要なら最初から教えてよね!
あなた
えぇ……?
藤野 あなた(ふじの あなた)、2×歳。
どこにでもいる、ごく普通のOLだ。
あなた
(就活に失敗して、学生時代の夢も敗れて……)
夢なし、希望なし、ついでに彼氏もなし。

現在は、地元の銀行の事務として細々と働いている。
麗奈
まーた変なお客さん?
あなた先輩、ほんと貧乏クジ引き当てるの
上手いですよね
あなた
あ……見られてたかぁ。お疲れ
声をかけて来たのは、後輩の麗奈れなちゃんだ。
同じ人間とは思えないほど長い睫毛をばしばしと瞬かせて、彼女は私を軽く肘で小突く。
麗奈
見られてたかぁじゃないですよ!
変なお客さんが来たらすぐ笑顔で上司に押しつける!
これ接客業の鉄則ですから
あなた
はいはい
麗奈
それより先輩、今日の夜空いてます?
あなた
今日……は駄目だ。予定ある
麗奈
ちぇー。市役所の人たちとの合コン、あと一人なんだけどなぁ
隣のカウンターで唇を尖らせる麗奈ちゃんに
またか、と心の中で小さくため息をつく。

街コン、合コン、結婚にまつわるうんたらかんたら。

同世代の職場の仲間達は、恋愛話にしか興味がないようで――
皆に提供できる話題も興味も持ち合わせていない私は、正直ちょっぴり肩身が狭い。
あなた
(う~ん。『居場所ない』って、こういう状況のことを言うのかも)
あなた
(早く帰りたいな……)
あなた
(早く帰れば、私は……)
 * * *
学生時代から使い続けてそろそろ動作が怪しいノートパソコンの前で、
私は両手を合わせて拝む。

夢なし希望なし、彼氏もなし。

そんな私の唯一の癒しは――
広い広いネットの海の端っこで、毎晩のように活動を続ける
とある配信者・レオちんの配信を見ることだった。
レオ
どーもー! BCプロダクション所属のレオちんでーす!
あなた
『レオちん~~~! わんばんこ~~~!!』
レオ
あやっぺさん、わんばんこー!
むぎっちゃさんも来てくれてありがとー
あなた
(はぁぁぁ、今日も可愛い……!)
レオ
実は俺、今日で配信始めて三ヶ月になります!
あなた
『おめでと~!!! めっちゃあっという間だね』
レオ
配信見てくれてるみんなは、
どうやって俺のチャンネルと出会ってくれた感じ?
あなた
『たまたまだよ~』
レオ
なるほど……『CHIKAGEさんのリンクから飛んだ』?
うんうん、CHIKAGEさんはすごい先輩だもんなぁ
いかにも学生の一人暮らしを彷彿とさせる部屋を背景に、
パーカー姿のレオちんは屈託のない笑顔を浮かべる。
レオ
ってことで、今日はお祝いに駄菓子食べます!
あ、深いツッコミはナシでね! 今月ちょっと厳しいからさ……
スーパーで買った半額のお弁当をもぐもぐしながら、
私も彼の配信と出会ってからの出来事を思い返す。
あなた
(確か、動画見てたら偶然おすすめに出てきて……)
機械音痴のおじいちゃんがパソコン教室で作ったようなサムネイル画像が気になって、
何となくクリックしてしまったリンク。
レオ
『うわー! またビリになっちゃったー!!』
レオ
『あれ、音出てない? ごめん、どうやって直すんだっけ……』
配信者を名乗る割にはゲームもトークも下手っぴだけど、
一生懸命で等身大な姿はなんとなく目が離せなかった。
レオ
ねぇねぇ、みんなは最近ハマッてることとかある?
レオ
…………。
レオ
……あ、えーっと。お、俺はなんだろ?えへへ……
あなた
あなた
えっと……『コンビニスイーツ巡りとかかな?』
レオ
あっ! いいね、コンビニスイーツ! 俺もたまに買っちゃうなー
うっかりぼけっとしていたことに気付き、慌ててコメントを打つ。
自分のハマりっぷりとは裏腹に、残念ながら彼のチャンネルは
まだ人気とは遥かに言い難い視聴者数だった。
あなた
(もっと沢山の人に知ってもらいたいような、
 いつまでもこのアットホームな雰囲気が続いて欲しいような……)
あなた
(いやいや! ファンなら応援して当たり前だよね)

――そうしてあっという間に時は過ぎ、そろそろ配信は終わる時間を迎える。

いつも遅い時刻になり過ぎないのも、彼の動画の良いところだ。
レオ
じゃあみんな、明日は昼からCHIKAGEさんのチャンネルで事務所コラボだよ!
フライングで未発売のゲームやるから、お休みの人はぜひ覗いてみてね
あなた
(えぇ~、コラボ配信なんだ。リアタイ出来る人いいなぁ)
レオ
学校や仕事でリアタイ出来ない人も、アーカイブ見てくれたら十分だから!
レオ
今日も頑張ったみんな、お疲れ様。
じゃあ、また明日ね!
その透き通るような茶色の瞳が、
ただカメラに向けられているだけであることはわかっていながらも――

ばちんと視線が合ったような感覚に鼓動が高鳴るのを感じながら、
私は画面に向かって手を振った。