無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

93
2021/07/27

第34話

30
それから1週間凪が覚めることは無かった

俺は毎日見舞いに行った

一緒に花束を買って






マイキー
マイキー
来たよ…なーちん………
マイキー
マイキー
早く覚めろよ
1週間も眠っているため、俺は心配のあまり

毎回担当の医師に死んでないか確認した

勿論、ただ眠ってるだけなので死んではない

だが、その眠ってる姿はポックリと死んでしまってるようだった











鳳凰 凪
鳳凰 凪
……あれ、マイキー…?
マイキー
マイキー
………!?
マイキー
マイキー
なーちんのバカ野郎…!!
マイキー
マイキー
お前がずっと寝てるから心配してたんぞ!?
鳳凰 凪
鳳凰 凪
え、そんな寝てた?
マイキー
マイキー
1週間…!!
俺は凪が寝ころがるベッドの布団を掴みながら泣いた
鳳凰 凪
鳳凰 凪
はぁ、マイキーホントに大袈裟
鳳凰 凪
鳳凰 凪
せっかくのカッコいい顔が台無しだよ?
マイキー
マイキー
なーちんのせいだよ…!
鳳凰 凪
鳳凰 凪
…心配かけてごめん
鳳凰 凪
鳳凰 凪
それと、心配かけてくれてありがと
凪は泣く俺の頭を『ヨシヨシ』って言いながら撫でてくれた





俺は凪が目覚めた事を医師に言った

医師が言うには早くて5日後には退院できるらしい
鳳凰 凪
鳳凰 凪
ふぅ、良かった
マイキー
マイキー
ホントに無茶すんなよ
鳳凰 凪
鳳凰 凪
分かってる分かってる

※ここから凪視点に戻ります










鳳凰 凪
鳳凰 凪
そういえば、この太ももの傷…………
鳳凰 凪
鳳凰 凪
結構大きい跡できたなぁ
マイキー
マイキー
だな……
ギシッ……




するとマイキーが靴を脱いでベッドに乗ってきた
マイキー
マイキー
ちょっと見てもいい?
鳳凰 凪
鳳凰 凪
…うん
マイキー
マイキー
げっ………これは痛いね
マイキーは私の縫った傷部分の太ももをサスサスと心配そうに触った









少しくすぐったかったが

マイキーの優しさに胸が苦しくなった

お互い本当の想いを伝えただけ

付き合おうなんてお互い一言も言わなかった

私たちはそのような関係を築くためにいる訳じゃない

だからこそ苦しかった
ガラガラ
ドラケン
ドラケン
なーちん来たぞ…………













ドラケン
ドラケン
………おっとすまねぇ
ドラケン
ドラケン
お取り込み中だったか
鳳凰 凪
鳳凰 凪
ちげーよ!!
マイキー
マイキー
ちげーよ!!
恥ずかしがりながら二人の声が揃う

マイキーがベッドの上で私の太ももを触ってたから

変なふうに勘違いされたみたい





ドラケンは私が眠ってる間に完治したようだ



















鳳凰 凪
鳳凰 凪
何か痕を消す方法はないか……ウーン
ドラケン
ドラケン
ねぇな
マイキー
マイキー
ねぇよな
鳳凰 凪
鳳凰 凪
じゃぁ、そのままでいいや
マイキー
マイキー
え、いいのかよ
鳳凰 凪
鳳凰 凪
うん、見せびらかす!!
ドラケン
ドラケン
アハハなーちんぽくていいなw
そんな話をしながら私は完治を目指した

2日目くらいからリハビリのお陰で普通に歩けるようになって

先生には凄いって褒められた





そして、私は退院予想よりも1日早く退院することができた
鳳凰   凪
鳳凰 凪
はぁ~~、やっと病院生活終わる〜
ドラケン
ドラケン
いいからさっさと荷物まとめろ
今日はドラケンが見舞いに来てくれた
鳳凰   凪
鳳凰 凪
ね、ドラケン
ドラケン
ドラケン
あぁ?
鳳凰   凪
鳳凰 凪
体ナマッてるから、練習付き合ってよ
ドラケン
ドラケン
手加減はしねーよ?
鳳凰   凪
鳳凰 凪
その方が嬉しいニコッ
ドラケン
ドラケン
分かったよw






そういえばこの私の服誰が持ってきてくれたんだろ







まぁ、あの人しか居ないか



目覚ましたのに見舞いに来てくれないなんて…








ありがとう























お兄ちゃん