第5話

once again…
707
2021/03/08 13:56



紫耀side.



『もう泣かないで、』と言う岸くん。


今までのは、全部夢、?
きしくん…、岸くんっ、



『 岸くんっ!』と勢いよく抱きしめた…





はずだった。
岸くんの身体には触れられなかったんだ。

『 ごめんな…、』
と微かに聞こえた。

俺は現実を突きつけられた気がした。



悲しみ、苦しみ、悔やみ、恐れ、そして怒り…
全ての感情が俺を襲う。

『 …っ、きしくんのばかっ、なんで死んじゃったんだよっ…、

俺な?もっともっと岸くんと行きたい場所あったっ、食べたいものもあった、したいことだって…、なのにっ、なんで…、』


あぁ、岸くんは何にも悪くないのに、。
俺は何を言っているんだ。



『 そうっ、だよな…。ほんとにっ、なんでだろうなっ、ごめん、ごめんなぁ…、』


えっ、うそでしょ、?

死んでまでたくさん謝ってる。
こんな俺なら、怒るのが普通だろ、


なんていい人なんだろう。




岸くん…、好きだよ。



『 っ…、ばかぁ!』

『 ごめんっ、ほんとにごめんっ、』


この日の夜はいっぱい泣いたね。
泣いて泣いて、泣き疲れて、いつのまにか2人で寝ていたね。