無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

迷う
学校が終わり直接メイドをさせてもらう家に向かう

怖い人だったらどうしよう

そんなこと考えていると目的地に着いた

私はハッとして顔を上げた
あなた

わー😯

思わず声が漏れた

だって私の目の前にある家は豪邸だったんだもん

ここのメイドをするのか…

掃除の範囲広そー

私はしばらく家の前をウロウロした

どうしよう

インターホンの前で止まった

そっとチャイムに手を添えた

これを押したら、全てが変わる

帰る家も違う

友達と遊ぶ時間も少なくなる

帰ってきてもゆっくり出来ない
ヤッパリ辞めとこうかな?

そう思った瞬間
あの…
ビクッ!

ビックリしてしまい、思わずチャイムを押してしまった
あーーーー

やってしまった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

雪音
雪音
こんにちは! King&Prince大好きです! 大阪人です!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る