無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第19話

永瀬さんの隣
少し動揺が納まったからと言ってやっぱり緊張する

永瀬さんと一緒に寝るのか…

そう考えるだけでドキドキが止まらない

もう、私どうしちゃったんやろ…
あなた

と、とりあいず落ち着かないと!

自分に言い聞かす
あなた

こういう時は…えっと…えっと…
そうや、深呼吸や

ふーはーふーはー
なんか、気持ち的に落ち着いた気がする
永瀬廉
あ、あなたちゃん。
もう来とったん
わっ! 

永瀬さんだ

私とは反対にとても落ち着いてる
あなた

は、はい、、!

永瀬廉
じゃあ、電気消すね
え?
あなた

え…
永瀬さんはどこに寝るのですか?

永瀬廉
ソファーだよ
あなた

すいません!!
ベッド使っちゃって

永瀬廉
あー
気にしなくていいよ
あなた

は、はい…

永瀬廉
なに?
一緒がよかった笑?
あなた

永瀬廉
冗談だって~
あなた

もし…、もし、そう言ったらどうします…?

永瀬廉
え、あなたちゃん?
永瀬さんの身長が高いため自然と上目遣いになる
永瀬廉
…っ!
あなた

なんてね
冗談ですよ笑
じゃあ、お言葉に甘えさせてもらってベッドつかわしてもらいますね

そう言い残し私は永瀬さんのベッドに入った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

雪音
雪音
こんにちは! King&Prince大好きです! 大阪人です!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る