無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

6人のご主人様
私は少しの間、硬直

インターホンを押してしまったことに



あれ?

なんか、忘れてる気がする…

あ!
あなた

なんですか?

この人の事忘れてた

この人のせいで押しちゃったんだから、しょうもない事だったら、キレるからね
あ、俺、この家のものなんですけど…
……
え?

今なんて言った?

”コノイエノモノナンデスケド”?

聞き間違いかな?
あなた

あの、今なんて?

この家のものなんですけども…
キャーーーーーーー!

ご主人様だ

うわー、最悪だ

最悪だ

最悪だ

何度でも言います

最悪だ

私はまた硬直してしまった
ウロウロしてたから、この家に用事かなって思ったんですけど違いました?
あなた

すいません!すいません!

本当にすいません!

あの、ここでメイドのバイトをさせてもらうために来たんですが…

あーあれね
やってくれるの!?
(*´▽`人)アリガトウ♡
どうぞ入って
そう言って、まだ名前も知らない人が家に案内してくれた
名前聞いてもいいかな?
あなた

あ、自己紹介遅れました
佐藤あなたと言います
あの、貴方様のお名前は?

そう言うと、少しびっくりした顔をした
僕のこと知らない?
神宮寺勇太って言うんだ
あなた

神…宮寺…勇太様

神宮寺勇太
そっか、俺達もまだまだだな…
ん?なんて言った?

まあ、いいや
あなた

あ、あの、神宮寺様
なんで、こんなにお屋敷は大きいのですか?
お一人には大きすぎますかと…

なれない敬語を使う

少しだけメイドの人が使う言葉は喋ったことがある

けど、ヤッパリ慣れない
神宮寺勇太
俺だけじゃないんだ ここに住んでるのは
あなた

え?

神宮寺勇太
俺以外に5人いて俺も入れて6人いるんだ
え??

混乱してきた🤨

タダでさえこのイケメン顔で説明されて混乱してるのに…
あなた

ってことは、私は6人ものお手伝いをするんですか?

神宮寺勇太
そーなるね
あなた

他に誰がいるんですか?

神宮寺勇太
もうすぐ帰ってくるよ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

雪音
雪音
こんにちは! King&Prince大好きです! 大阪人です!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る