無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
3,641
2021/03/22

第16話

Stage3-5
有栖川 唯
有栖川 唯
……ばかにしたいんなら、はっきりそう言えばいいじゃない
意外なことに、唯から返事があった。が、ぼそりとしていてよく聞こえない。
白雪 風真
白雪 風真
ん?
有栖川 唯
有栖川 唯
だからっ、他のメンバーは自主レッスンなんてしてないのに、わたしだけひとりであがいてるって、そう正直に笑えばいいでしょ!
唯はくやしげに表情をゆがめた。
なにを言われているんだろう? と風真は目を丸くする。
有栖川 唯
有栖川 唯
たしかに他はみんな、小さいころからずっと芸能スクールで歌もダンスもレッスンを受けてきた子たちばっかりだから、こんな泥くっさい努力なんてしないわよ!
白雪 風真
白雪 風真
ま、待て待て待てって!
風真はあわてて両手をふった。
どうやら唯の地雷を踏んでしまったようだ。
たしか唯は、彼女がネットにあげていた動画を見たスタッフによるスカウトで入ったのだと聞いたことがある。
白雪 風真
白雪 風真
悪ぃ。誤解させたかもしんねーけど、そういうことが言いたかったんじゃなくって……。刺激をもらえたっつーか。俺ももっとがんばんなきゃなって思えたっつーか
有栖川 唯
有栖川 唯
ばっかじゃないの
吐き捨てられた言葉が一瞬理解できなくて、風真はまじまじと唯を見た。
唯は、完全に怒った顔で風真を見ていた。
有栖川 唯
有栖川 唯
そんなうわっ面だけの言葉、聞きたくないんですけど
白雪 風真
白雪 風真
は? どういう意味だよ
有栖川 唯
有栖川 唯
女装なんてして注目を集めて、楽して売れようとしてるじゃない。なにが『がんばんなきゃ』なの? わたし、そういう遊び感覚の軽い気持ちでアイドルやろうとしてるやつが一番大っ嫌い
これにはさすがに、風真の足も止まった。
白雪 風真
白雪 風真
遊び感覚? 軽い気持ち? 男がスカートをはいてるだけで本気じゃない? きめつけんな!
つい叫ぶように言うと、唯はさらに不愉快だと言わんばかりに眉をよせた。
有栖川 唯
有栖川 唯
だって、どう見たってただの目立ちたがりじゃないの。それともなにか深い理由でもあるわけ?
白雪 風真
白雪 風真
……会う人会う人みんなに理由を一々説明して、一々納得してもらわないとだめなのか?
今までこらえていた感情がどっと押しよせてきた。
くちびるが震える。
それは唯に対するものというより、その前からずっと抱えていた、苦しいほどのやるせなさだった。
白雪 風真
白雪 風真
(どいつもこいつもどうしてどうしてって、理由ばっか聞いてくる……!)
オーディションの時も、取材の時も、番組収録の時もそうだった。
ニヤニヤしながら、敬遠しながら、嫌悪しながら。
風真がスカートをはきながらも中身は男のままだと知ると、みんなただの目立ちたがりだときめつけた顔で。
白雪 風真
白雪 風真
そういうやつらみんなに、心のなかの一番深いところをさらけ出して、ぜんぶを知って納得してもらわないとダメなのかよっ!?
どうせ理解してもらえないことなどわかっているのに。
すべてを話したって、必ず納得してもらえるわけではないとわかっているのに。
有栖川 唯
有栖川 唯
い、痛!
白雪 風真
白雪 風真
あ……ごめんっ
思わず、唯の肩をつかんでいた。
手を離すと、唯は無言でぷいっとそっぽを向く。
一瞬見えたその表情は、やはり言い過ぎたことを後悔するような、ばつの悪い顔だった。
白雪 風真
白雪 風真
……ほんと、ごめん。おどろかせて悪かったな。女の子に怒鳴ったりして
謝ると、唯はどこか困惑した顔で風真を見る。
ふたたび歩き出す瞬間、つんと顔をそむけられたけれど、その目はどこか「こっちこそ」と言っているような……。
気のせいかもしれないけれど、そんな感じがした。