無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

04


なんだかんだで一日が終わる。

今日は一段ときつい香水だったな…



jk「 スタバ寄ろうぜ 」

「 テスト勉強? 」

jk「 あー…うん? 」←

「絶対今テスト期間ってこと忘れてたよね」

jk「 まさか… 」



とか言いながら机にしまいっぱだった

新品同様に綺麗な教科書を慌ててリュックに入れる



「 ‪教科書超綺麗 笑 」

jk「 うるせ 」



仲良く歩きながらやっとスタバに上陸。

相変わらずオシャレな大学生で賑わっている。



jk「 抹茶フラペチーノとキャラメルフラペチーノください」



慣れた感じで奢ってくれるジョングクの横で

外を見るとたくさんの人が行き交ってるわけで。

そんな中見慣れた男が綺麗に着飾った

キラキラした女性と歩くのが目に入る。



jk「 どした? 」



ジョングクの一言でハッと現実に連れ戻される

ジョングクの手には私のキャラメルフラペチーノ。



「奢ってくれてありがと」

jk「 いいえ、あなたいないとつまんないから お礼 」

「 かっこつけちゃって〜 」



____________