無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第13話

13




jm「 料理できるなんてすごいね〜 」

「 いやいや全然そんなことないです」

jm「 だって僕魚丸焦げにしちゃうし、、」

「 あはは、、」←

jm「 てすとっていつからなの?? 」



珍しくしつこく話しかけてくるじみんさん。

勉強させて欲しいなぁとか思いつつ

話の途中で半分無視しながら部屋に戻ることも出来なくて


「明後日です」

jm「そっかそっか〜」



相変わらずニコニコ笑ってるけど


こっちテスト2日後で焦りまくってる。



jm「やっぱり僕がテスト勉強サポートするよ笑」

「え、いや、いいですよ、出来るんで」




できるんでとかドヤ顔で言っておきながら全く余裕が無いから

1秒でも早く自室こもりたい。



jm「、、嫌だったかな、ごめんね、」



とかいってちょっとかなしそうな顔するから

なんか申し訳なくなって結局教えて貰っちゃう。