無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12



とりあえず焦げた部分取り除いて

調味料とあえたら直ぐにふりかけの完成

これすっごい美味しいんだよね



「 お米は無事に炊けたんですか? 」

jm「 一応炊けた、はずなんだけど、どうかな、?」



ちょっとあわあわしながらこっちきて炊飯器開けるじみんさん

案外お米は綺麗にたけていてツヤも良くて

超美味しそう。



「じみんさんこれ絶対美味しいです。」

jm「 ほんとに? 」



さっきの焦げ魚のことからなのか一切信用してない

焦げたら終わりだと思ってるジミンさん。

見かねてさっきの魚と白ご飯一緒に

ジミンさんの口前まで持ってくると

躊躇うことなく口を開ける

ほんとひよこみたいだな、、



jm「 なにこれすっごい美味しい!あなたちゃんすごい!」



さっきまで明らかに落ち込みモードだったのに

パアアアっと表情変えて驚いてる

なんか面白くて笑うと

なんで笑うんだよ〜っていつものニコニコ。

悪くないかもしれない。




_________