無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

28
そして色々な種目が終わり←は?
司会者「さぁ!いよいよ最後の種目です!この体育祭の目玉、サバイバルバトルに出場する方は準備をお願いします!!!」
司会者「今回は異例のTOP7以外のオーロラスターを持っている選手が居ますよ!しかも1年生!」
「(   ・_・)(・_・)(・_・  )ザワザワ」
「そんな人いた?」
「1年生で?」
「例の新入生?」
「星無しの噂があるけど」
「え?!俺はオーロラって聞いたことあるぞ」
「え~」
司会者「準備が整ったみたいです!」
司会者「ではルールの説明をしていきたいと思います!」
ルール
紅組、白組、それぞれ代表は7人。
1対1で全力で戦いましょう。
戦闘不能かリタイアするま戦いましょう。
勝った回数分だけその組に点が入ります。


そんだけ


司会者「では第一回戦を始めます!各組の代表は前に出てきてください」




白組代表チーム


「誰が行く?」


「ここは様子見で1番強い○○が行くべきだと思う」


「俺?!」


「(´ー`*)ウンウン」


「分かったよ」





紅組代表チーム


「誰が行く?」


「多分向こうは1番強いやつを出してくるぞ?」


「この中で1番強いの誰だ?」
「はーい俺俺!」
「多分あなたちゃんでしょ」
You
You
ワイ?
「俺の事無視?」
「あなたちゃんオーロラでしょ?」
You
You
でも先輩達の方が経験が多くないですか?
「俺はぁ~!」
「あなたちゃんなら大丈夫!7人全員ぶっ潰してね💓💞((圧」
You
You
全員潰しちゃっていいんですね?
「(´ー`*)ウンウンだって私達死にたくないもん!」
You
You
あ、そうですよねぇー(( ̄▽ ̄;;)ア、ハハハハ…


ーーーーーーー