無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第113話

97
ゴツイヒト「さぁ着きましたよ」


ヨナ「ありがとう」








別に悪いところじゃなかった。





普通の学校





エンジェル以外はね


友達もできたしさ














スラン「ヨナちゃーん!あーそーぼッ!」


ヨナ「うん!」








ほらね。






でも学校社会という物はどこにでも闇があるんだなっておもうよ










アクジョ「ちょっとスラン。あなた何様のつもり?落ちこぼれなくせになんで○○君と仲良くしてるの?」








スラン「す、すみません、、、、」






あーあ、まただよ









でも今回はいじめ対象の相手が悪かったようで






ヨナ「ちょっとあんたらさ、私のスランに何してくれてるのかしら?」







アクジョ「よ、ヨナさん??」




ヨナ「これ以上何かするなら私が丸焼きにして食べてあげるわ♡」


アクジョ「ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ」







バタバタバタ




スラン「ありがとうヨナちゃん」






ヨナ「大丈夫だった?スラン」






スラン「うん。大丈夫!」











あなたは今何してるのかな?



ーーーーーーーー