無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第126話

109


生徒会室にて

ナム
ナム
収穫があったのか?
グク
グク
いや、あなたが教室来てなくて、、、、
テヒョン
テヒョン
え!?!?!
グク
グク
昨日あなたの部屋の前にいったんですよ
グク
グク
そしたらドアが古ぼけた洋館のドアみたいになっちゃってて
ジン
ジン
うへぇ?
グク
グク
あなたの部屋端っこで寮の形状上見にくいから知らないうちにリホームみたいなことしたのかなって思ったんだけど
グク
グク
なんからノックしようと思ったら寒気がしたからインターホン押したら反応なくて
テヒョン
テヒョン
こ、((((;゚Д゚))))コワイコワイ


🚪コンコン


従業員『失礼します』
ナム
ナム
どうした?

従業員『あの、外であなたという生徒にあわせてくれと言ってる方がいらっしゃいまして』


ホビ
ホビ
え!?


従業員『話によるとあなたさんが危ないと』
ナム
ナム
その物の名前は分かるか?

従業員『ユン ヨナという方で話によるとあなたさんの姉だとか』
ユンギ
ユンギ
ユン ヨナだと?
テヒョン
テヒョン
え、エンジェル入れ替えたこと名前一緒だ!
ナム
ナム
大至急ここへ連れてきてくれ

従業員『かしこまりました』




ーーーーーーーー