無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

29
「ほら!あの新入生だ!」
「オーロラだ、、、、」
「しかも美人だぞ」
司会者「では戦闘、、、、開始!!」
You
You
_( _   ´⚰︎` )_ダルゥ...
白組の相手「女かよ」
You
You
女だからって舐めてもらっちゃ困る
白組の相手「調子乗るんじゃねぇーぞ」
☁❄❄⛄❄❄☁☃❄☁❄❄⛄❄❄☁❄️。☃゜☃️❄️☃️☃️❄️☃️❄️。☃゜☁❄❄⛄❄❄☁雪❄⛄❆⛄❆⛄❆
You
You
冷たっ。サッサと片付けよ
🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥
白組の相手「ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ッ」
白組の相手「降参だよ降参!!ハヤクケシテェェェ!」
You
You
え、、、、弱w(ボソッ)
司会者「なんと白組の3年生の○○選手を瞬殺!」


次々にあなたちゃんは白組代表チームを倒していき、、、、


「あの女強すぎだろ」



「エンジェルの元が全然減ってない、、、、」









(エンジェルの元とは魔力的なやつです←語彙力ホスィ…)






司会者「なんと1年生1人で3年生を6人も戦闘不能にしてしまいました!では最後行きましょー!」
「(*°⌓°*)…」
生徒会専用席にて←
テヒョン
テヒョン
あなたちゃん強い!
ジン
ジン
なんかもう( ˙꒳​˙  )ワケワカメ💞
ジミン
ジミン
寒いよー(棒)
ジン
ジン
え、、、、(´TωT`)
ホビ
ホビ
あの子ホントに制御アイテム付けてる?
ユンギ
ユンギ
あぁ、間違えなく制御アイテムは付けてるはずだ。毎回エンジェル使うたびにアクセサリーの宝石が光ってる
ナム
ナム
制御アイテムの証拠だな、、、、
グク
グク
あ!!
ホビ
ホビ
どうした?急にでかい声で
グク
グク
今、白組の人がエンジェル使ったんですけど、それがあなたの髪に当たって髪がスパンって切れたんです
テヒョン
テヒョン
マジで!?
ジミン
ジミン
ホントだ!ショートカットみたいになってる!
グク
グク
重要なのはこれからです
ユンギ
ユンギ
??
グク
グク
そのエンジェルがブレスレットとピアスに当たって、、、、
ジン
ジン
((((;゜Д゜)))ブレスレットとピアスがとれちゃってる!
ナム
ナム
ヤバいじゃん


ーーーーーーー