無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

38
先生
先生
みんなー!今日はエンジェルについてお勉強するよ★
ナムジャ「先生、俺たち高校生だからもう少し大人な口調でもいいですよ」
先生
先生
あ、そっか
You
You
💭なんでこの学園にはハイテンションな先生しか居ないんだ?
ヨジャ「でも先生、初等部の頃から私達散々エンジェルについてやってきましたよ?」
先生
先生
もうちょいグッと踏み込もうと思うんだよねー
先生
先生
それに、あなたちゃんも居るしね
先生
先生
みんなエンジェルはどういうものかは分かってるよね?
先生
先生
誰当てようかなー
先生
先生
じゃあチョン君!どぞ!
グク
グク
え、俺?!
先生
先生
(´ー`*)ウンウン
グク
グク
えーっとエンジェルは、1部の人間の脳が進化して使えるようになったみたいな?
先生
先生
まぁそんなとこだね
先生
先生
じゃあエンジェルは永遠に使い続けられますか?
グク
グク
え~っとエンジェルの元的なのが無くなったら休憩しないと使えません
先生
先生
そうです!エンジェルの元は消費が激しい人や少ない人で異なるし、体に貯められる量も人それぞれですね!?
みんな「(´ー`*)ウンウン」
先生
先生
じゃあ制御アイテムはどんなものですか?
ナムジャ「はいはーい!」
ナムジャ「えっと、確かエンジェルの暴走を防いだり、エンジェルによる副作用の効果を無くしたり、エンジェルを完全に使えなくしたりする物のことでーす」
先生
先生
そうです
先生
先生
でも制御アイテムは付けると凄く体がだるくなったりするんです
グク
グク
え、そうなんだ
みんな「へー」
グク
グク
|ω・)ジー    |Δ`*)ジー  |´。・д・)ジー・・・
You
You
💭え、なんか見られてんだけど
※グクとあなたちゃんは、一応席隣です


みなさん、あなたは体だるくないの?と思った方が居るでしょう。
最初はだるかったけどもう慣れました★ Byあなた
先生
先生
でも制御アイテム付ける人は相当エンジェルが強い人だけだから多分みんなつける日は来ないかなぁ~
リズ
リズ
グクくんのレベルでも付けなくていいんですかぁ~?💓💞
先生
先生
まぁギリギリつけなくて大丈夫(👍 ̄▽ ̄)👍
グク
グク
💭ギリギリってどゆこと?
リズ
リズ
じゃああなたちゃんはどうなんですかァァ?💓💞
先生
先生
ウーン……( ˙-˙ )...シラネ★
You
You
💭え、テキトー
ちなみになんだけどあなたちゃんが制御アイテム付けてるってことはTOP7と本人意外知らない、、、、はず←

ーーーーーーー