無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第120話

103
あなたside




🚪バタンッ







You
You
はぁぁ(涙)
You
You
わ、私どうすればいいの、、、、




部屋に戻るなり足の力が抜けていった




あの花は何なの?






枯れたのは私のせいなの?






今日の授業で使った花も?

















とりあえず電気付けなきゃ






パチッ!

You
You
やだ、、、、なんなの、?これ、、、、



私は部屋を見た途端電気を消してしまった








窓から妙な月の光が螺旋を描きながら部屋を照らす。





You
You
どうなってるの、、、、??




私が見た光景はとても人が住んでいるとわ思えなかった
You
You
これじゃまるで廃墟じゃん
You
You
私部屋間違えた、、のかな、、、、?
You
You
いや、そんなことない




ホコリが被っているが玄関には私の靴が並んでる




壁の絵だって色あせてはいるが私のものだ



You
You
だれか、、、助けてぇ、、、、(涙)




ーーーーーーーー