無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第98話

85
ユン ヨナ
ユン ヨナ
さぁ~どうしたもんかね
そもそもこんな事になったのは完全に私のせいだ、、、、








--------キリトリ線--------




12年前




ヨナ「あなた、まきこんでごめん。私のせいだ、、、、大丈夫だからね、お姉ちゃんが何とかするからね。」




私のエンジェルが分かって親は私を捨てた




両親『どうせお前もエンジェルなんだろ?私達の前から消えて』






そう言われてあなたも一緒に家から追い出された




あなたがエンジェルなんて決まってなかったのに







あなた「お、お姉ちゃん?私達お家帰れないの?」








当時4歳だったあなたにはまだ状況を理解出来ていなかっただろう。




ヨナ「違うよ?新しいお家を探すの。そこに帰ろ、?」



そんな事を言っていた私自身もまだ頭が整理できていなかった


なにせ当時の私は8歳

どこに行けばいいのかなんて分からない。
自分がエンジェルなんて考えられない。
その時はただあなたを安心させる事しか考えてなかった。








続く、、、、



ーーーーーーー