無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7
You
You
ジェニおまたせ
ジェニ
ジェニ
おん
You
You
寮まで★の数関係してんやな
ジェニ
ジェニ
そうなんよ
You
You
あのさ
You
You
会議室から荷物運ぶの手伝って
ジェニ
ジェニ
いーよー


会議室から荷物を運び出し、、、
ジェニ
ジェニ
ついたー
You
You
無駄に広いよな
ジェニ
ジェニ
まぁ商店街とかもあるからねー
You
You
そうなんだ
ジェニ
ジェニ
まぁ卒業まで学園の外に出られないからなぁ
ジェニ
ジェニ
それぐらいはあってもいいとは思うけどね
You
You
え、、、、出れんの?
ジェニ
ジェニ
そうだよ。知らんかった?
You
You
うん
ジェニ
ジェニ
でも学園内にいろんな施設あるし
ジェニ
ジェニ
★事に金額は違うけどお小遣いがもらえるし
You
You
へー
You
You
てかエレベーターなんや
You
You
しかもエレベーターの中に案内人みたいな人居るし
ジェニ
ジェニ
あぁ、違う階に侵入する人がいないようにな
案内人「何階ですか」
You
You
最上階で
ジェニ
ジェニ
Σ(゚д゚;)
案内人「では、オーロラスターピンバッジか招待チケットをお見せください」
You
You
あ、はい
ジェニ
ジェニ
( °_° )
案内人「ありがとうございます」


ーーーーーーー