無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第62話

56
この件は国に報告されて、生徒達には先生達がたまにぶつかると極わずかな確率で入れ替わる事があると説明した






で、今に至るわけだ
ユンギ
ユンギ
でもどうして今頃
テヒョン
テヒョン
しかも国から?
ユンギ
ユンギ
てか、エンジェル"だけ"が見つかったってどうゆう事だ?
理事長
あぁ、ちょっと説明不足だったかな
理事長
実はこの前国の偉い人が視察に来たんだ
テヒョン
テヒョン
なんで?
ユンギ
ユンギ
お前そんなことも知らねーのか?
ユンギ
ユンギ
この学園には有望な人材がうじゃうじゃいる
ユンギ
ユンギ
だから国からばくだいな資金をもらってる
ユンギ
ユンギ
国の偉い人が視察に来っておかしくないだろ?
テヒョン
テヒョン
そっか
理事長
その時にエンジェルレーダーで何かを調べ始めた
エンジェルレーダーとは
どんなエンジェルを持った人がどこにいるかひと目でわかる機械
理事長
その時に異様に大きいエンジェル反応があったんだ
理事長
それで、調べたらユン  ヨナと同じだったという訳
理事長
次の日に調査報告を見た
理事長
お前達のエンジェルの事を知ってる偉い人が手紙を送ってきたってゆうことだ
テヒョン
テヒョン
でもなんでエンジェルを戻す必要が?
理事長
エンジェルが入れ替わってから威力が半減しただろ
理事長
国がどちらかのエンジェルを必要としてるんじゃないか?
理事長
そしたらエンジェルが強い方がいいだろ?
テヒョン
テヒョン
たしかに
ユンギ
ユンギ
で、誰なんだ?ユン  ヨナと同じエンジェル持ってるって奴は
理事長
それが、、、、
テヒョン
テヒョン
??
ユンギ
ユンギ
??






















ミン あなた

ーーーーーーー