無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第59話

53
俺初等部1年の頃からここにずっと居る
初等部の頃からユンギヒョンとは仲が良かった







テヒョン「今日何食べようかなぁ」
考え事してて下を向きながら歩いてた
ゴンッ
??「いった、」
テヒョン「いったー。( ゚∀ ゚)ハッ!ごめんなさい!大丈夫ですか?」
ユンギ「あぁお前も大丈夫か?」




これがユンギヒョンとの出会い

この時からどんどん仲が深まって行った




ユンギ「そういや、お前のエンジェルって何?」
テヒョン「人を操る事」
ユンギ「へー、変わってんな」
テヒョン「ヒョンのエンジェルは何なの?」
ユンギ「俺か?物に命を宿す。みたいな?」
テヒョン「ヒョンも変わってるじゃん」
ユンギ「似たもの同士だなwww」
テヒョン「そうだねw」




放課後暇な日は毎日2人で学園内を散歩してた







その日も2人で散歩してた





バンッ
誰かが俺達の間を走り抜けていった
その時に違和感を覚えた



テヒョン「?」
ユンギ「なんか体がダルい」
テヒョン「大丈夫?寮もどろ」

ーーーーーーー