無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第121話

104
ジミンside
ジミン
ジミン
懐中電灯、、、、あった
ジミン
ジミン
あれ?花が全部枯れてる、、、、


あなたちゃんがいなくなってから周りを見渡したんだ。

あなたちゃんは何かを見て怯えてるようだったから




花も木も枯れていた。


近くのベンチも錆び付いて


ランプにはクモの巣が張り巡らされていた






まるで今まで放置され続けていた無人の街だ

ジミン
ジミン
どうなってるんだ?
ジミン
ジミン
とりあえず報告か、、、、
📞プルプルプル
ジミン
ジミン
もしもし、会長?
ナム
ナム
どうしたジミン。結構遅い時間だけど、、、、
ジミン
ジミン
それが見て欲しいものがあって
ジミン
ジミン
急いで他の5人集めて庭園広場の裏に来てくれない?
ナム
ナム
あぁ、分かったよ
ジミン
ジミン
急いでくれ



ーーーーーーーー