無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第131話

112
ユン ヨナ
ユン ヨナ
……って感じで、今に至るんです
ユン ヨナ
ユン ヨナ
それとテヒョンさんにユンギさん。あの件は本当に申し訳ございませんでした。
ユンギ
ユンギ
あぁ、大丈夫、大丈夫
テヒョン
テヒョン
気にしなくていーよー!
テヒョン
テヒョン
あなたちゃんを助けるためだったんだしね!
ジン
ジン
ウッ!あなたちゃんとヨナさんにはそんな過去がァ(´TωT`)
グク
グク
ヒョンwwwまじブッサイクw
ジン
ジン
え、酷いじゃないの!ヒョンにむかってぇ!
グク
グク
ごめんなさいごめんなさいw
ジン
ジン
ごめんなさいは1回!
グク
グク
え、はいわ1回じゃなくて?w
ジン
ジン
んッもう!そんなのはどうでもいいのよ!
ジミン
ジミン
二人とも落ち着いてッ!
ユン ヨナ
ユン ヨナ
面白い方達ですねw
ナム
ナム
すいません。いつもこんな感じなんです。
ホビ
ホビ
喧嘩ばっかりで( ̄▽ ̄;)
ユン ヨナ
ユン ヨナ
大丈夫ですよw

ーーーーーーーー


すみません。ストレスで体調崩したらちょっとばかし酷かったみたいで、お医者様に絶対安静って言われてましたw


更新遅れて申し訳ございませんでした!