無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第60話

54
次の日授業で自分のエンジェルの元を長持ちさせるための訓練があった
その時だ。異変にきずいたのは
先生「じゃあテヒョンくん私の腕をあげてみて」
テヒョン「はい」
俺はエンジェルを使った。
なのに先生の腕はビクともしなかった
変わりに先生のつけてた軍手が僕のとこに飛んできた
先生「え、、、、ちょっと後で職員室に来てね。」
テヒョン「は、はい」






職員室にて
テヒョン「ユンギヒョン!」


ユンギ「俺達エンジェルが入れ替わったみたいだな、、、、」




先生「多分ユン ヨナの仕業だな、、、、」
先生「でもあの子昨日から行方不明じゃないですか、、、、」


ーーーーーーー