無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

告白
ココ最近の森田は、
渡辺 稔
渡辺 稔
おい!紘、聞いてんのか
中村 千香子
中村 千香子
あーあ、こりゃまた
意識どっか行ってるね
松本 雫
松本 雫
森田!ちょっと森田?
森田 紘
森田 紘
っ!
……わりぃ、考え事してた
気づけばボーッとしている。

みんなで話していても、1人だけ窓の外を見ていたり。私と2人で帰っていても、相槌以外は返って来ない。

……それがすごく寂しい。
【放課後】
松本 雫
松本 雫
森田、今日どっか寄ってく?
森田 紘
森田 紘
んー
松本 雫
松本 雫
……それとも、真っ直ぐ帰る?
森田 紘
森田 紘
んー
松本 雫
松本 雫
き、今日の英語の抜き打ち小テスト
森田、何点だった?
松本 雫
松本 雫
私、8問正解したから
課題増やされなくて済んだ〜
森田 紘
森田 紘
んー
……何を聞いても、話しても、今の森田の頭の中は元カノのことでいっぱいらしい。

私はこんなにも近くにいるのに、今この瞬間も森田の頭の中を埋め尽くしてるのはきっと、元カノなんだ。

そう思うと、ギュッと胸が軋んでどうしようもなく切ない波に心が飲み込まれそうになった。
松本 雫
松本 雫
森田……
森田 紘
森田 紘
んー
松本 雫
松本 雫
私、森田が好き
森田 紘
森田 紘
……っ、は?
遠くを見つめていた森田の瞳が、真っ直ぐに私を映す。
松本 雫
松本 雫
好きなの、森田のことが
森田 紘
森田 紘
……好きって、
驚く森田を見て初めて、自分の発した言葉の重大さに気付いた。

……勢いに任せて、つい告白してしまった。
こんなはずじゃなかったのに。


だけど、これで森田が少しでも私のことを考えてくれるかもって思ったら、これで良かったと思う自分もいる。

やっぱり、私ってズルい生き物だ。
松本 雫
松本 雫
急にこんなこと言ったら、森田を
困らせるだけって分かってるけど
松本 雫
松本 雫
森田が元カノのことばっかり考えて
ずっと上の空なのは嫌だし
松本 雫
松本 雫
森田が元カノと
より戻すかもって思うと苦しい
松本 雫
松本 雫
森田に偉そうなこと言ったけど
”もう恋なんてしない同盟”なんて
私も口ばっかり……
松本 雫
松本 雫
気付いたら……
森田のこと好きになってた
森田 紘
森田 紘
……は?ちょ、待った
それ、本気で言ってる?
松本 雫
松本 雫
冗談でこんなこと言わない
森田 紘
森田 紘
……だよな
戸惑いを隠せない森田。
その瞳が揺れる。

だけど、ここまで来たら後には退けない。
森田を悩ませるものが増えることを申し訳なく思うけど、
松本 雫
松本 雫
だから、私のこと
少しは女の子として見て欲しい
森田 紘
森田 紘
松本……
松本 雫
松本 雫
元カノのとこ
戻らないで欲しい……
ワガママばかり言っている自覚はあるし、こんなこと言ったら森田が困ることも百も承知。

それでも、何もしないで森田が元カノとよりを戻してしまったらきっと後悔する。
森田 紘
森田 紘
松本のこと、そういう風に
考えたことなかったから……
正直すげぇビックリしてる
松本 雫
松本 雫
うん……
森田 紘
森田 紘
だから……
少し、考えさせて欲しい
森田 紘
森田 紘
元カノのことも、松本のことも
俺なりにちゃんと考えるから
森田 紘
森田 紘
少しだけ俺に時間くんね?
こんなに真剣な顔をする森田は、出逢ってから初めて見たような気がする。
松本 雫
松本 雫
……分かった
森田の真剣な顔を見つめながら、小さく頷く。

森田に私の気持ちが少しでも届いたって、思ってもいいかな。