無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

森田けっこういいやつ説
あんなにも『早く冬休みになれ〜』って願っていたはずなのに。

いざ冬休みになってしまったら、それはそれで寂しいような気がしてくるんだから不思議だ。


それもこれも全部、
松本 雫
松本 雫
……誕生日なのに。
学校休みじゃ誰にも会えないよ〜
誕生日という年に一度の大イベントが冬休み中にあるのが悪いと思うんだ。

唯一の救世主ちかちゃんは昨日から絶賛、家族旅行中だし。
松本 雫
松本 雫
はぁ〜
せっかくクリスマスはみんなとワイワイしたばかりなのに、誕生日に1人なんてツイてないな〜なんて、

もう一度深くため息をついてベッドに勢いよく横たわった瞬間。
松本 雫
松本 雫
っ!!
突然、手に持ったままだったスマホが震えて慌てて飛び跳ねる。ディスプレイを確認すればそこには"森田"の文字。
松本 雫
松本 雫
もしもし、森田?
森田 紘
森田 紘
よ!あけおめ。
松本、今日ヒマか?
松本 雫
松本 雫
あけおめ。ヒマって言うか……
まぁ、確かに用事はないんだけど
森田 紘
森田 紘
やっぱりな。
誕生日だってのに、可哀想なやつ
松本 雫
松本 雫
はぁ!?
……って、なんで知ってるのよ
今日が誕生日だってこと
森田 紘
森田 紘
クリスマスの時に中村が言ってた
松本 雫
松本 雫
え?ちかちゃんが……?
森田 紘
森田 紘
"旅行の予定があって
祝ってあげらんないから
代わりに祝ってやって〜"って
ちかちゃんてば、そんなことを言ってくれてたなんて知らなかった。……いつの間に!
松本 雫
松本 雫
それで、わざわざ電話くれたの?
森田って意外と律儀だね〜
森田 紘
森田 紘
まーな。
同盟組んだからには
俺が祝ってやんねぇと
森田 紘
森田 紘
ってことで、駅前に11時!
松本 雫
松本 雫
あー、駅前に11時……って、
え?それって今日これから……
森田 紘
森田 紘
祝ってやるよ、誕生日


【数時間後】
いつも通りカラオケやゲーセンで遊ぶんだとばかり思っていたのに、森田が連れてってくれたのは最近できたばかりの水族館で。

ペンギンのエサやりや、イルカショーを満喫して、お昼は人気のイタリアンカフェでパスタを食べた。

───そして。
森田 紘
森田 紘
げっ、末吉ってすげぇ微妙!
松本 雫
松本 雫
あ、見て!私……大吉だ!
森田と二人で、なぜか新年一発目の初詣にやって来た。
松本 雫
松本 雫
えーっと、恋愛は……。
"この人となら幸福あり"だって!
森田 紘
森田 紘
この人って、相手いねーくせに。
俺は"今はまだ駄目です"って、
めっちゃタイムリーだな……
松本 雫
松本 雫
うわっ、希望すら見いだせないね。
……どんまい!
森田 紘
森田 紘
うるせー!いいんだよ。
もう恋なんてしないんだから
そう言って唇を突き出す森田に、思わず笑ってしまう。可愛いところもあるじゃん。

今日は森田の良いところをいっぱい見つけた。

つい最近まで彼女がいただけあって、今日はずっと森田がリードしてくれていて、さりげなくお昼ご飯は奢ってもらっちゃったし。

お店も先回ってリサーチしてくれたんだろうなって思ったら嬉しかったし。

なんだかまるで、本当のデートみたいな時間を過ごせて、心の底から楽しかった。
松本 雫
松本 雫
ありがとうね、森田。
今日1日すっごく楽しかった!
森田 紘
森田 紘
なんだよ、お前が素直だと怖いな
松本 雫
松本 雫
はぁ?せっかく人が素直に……
森田 紘
森田 紘
冗談だよ。
誕生日なんだから一日の終わりに
楽しかった〜って思って欲しいし
"俺なりに頑張ったんだわ"


そう言ってフッと笑った森田に、一瞬キュンと胸が軋む。

……って!何よ、キュンて!

いくら失恋したばっかりだからって、森田相手にときめいてどうする、私。
松本 雫
松本 雫
……ありがと!!
森田 紘
森田 紘
来年こそは
彼氏に祝ってもらえるといいな
松本 雫
松本 雫
余計なお世話ですー!
もう。

やっぱり森田はムードの欠片もない。
いや、森田との間にムードなんてものがあっても困るんだけど。

……だけど、こうして森田に祝ってもらえた16歳の誕生日。間違いなく、私にとっては忘れられない1日になったよ。


ありがとう───。