無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

幼なじみが消えた日
幼なじみのキミが死んだ日
















俺はたくさんの後悔と


















たくさんの悲しさ













を知った















キミが死んだことに変わりはない、、











けど、俺は思うんだ













今回のことは誰も悪くないんじゃないんかって





















でも、











どうしたらいいのか
















どうすれば





よかったか












そんなのわかんない












けど、













やっぱり









俺が









悪いんなら




















このキミが死んだ意味を










墓場まで持って行こうと思う














それはキミの最大限の













SOS




だと思うから