無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

最悪な事態
この時僕は、○○は寝てると思ってたんだ









だから、つい言った













そんな感じ、、





















でも、○○にとっては












死ねば?













そう聞こえたのかも




知れない








最悪なことに












○○はあの時















起きてたんだ、、