無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第112話

🦁
you
you
…あ、そう/
テテ
テテ
うん♡
you
you
あ、あのさ、おっぱいちいち♡飛ばさなくてもいいよ?
テテ
テテ
やだ…
そう言って私の首元に顔を埋めてくるおっぱ
you
you
んッ…こしょばいってば…
テテ
テテ
…だめだ、これ以上は我慢しろきむてひょん! 
you
you
??
てひょんおっぱはなんか下向いて訳わかんない事言ってる(
テテ
テテ
ちょ、ちょっとトイレ借りるねーん//
そう言いながらダッシュでトイレに駆け込んで行った
you
you
…何したいんだろあのおっぱ
なんて思ってると、、、



































グク
グク
ただいまぁ♡♡
はい、シスコン帰宅♡
next ____