無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第100話

100話🌱
ナムジュン
ナムジュン
ヒィィィィイ…!!ごめんなさい先生ぃぃぃぃぃいぃぃいいぃぃぃぃ
先生  まぁそんなことだろうと思って。。。
ナムジュン
ナムジュン
弁償しますうううううううううううううううううう
先生  大丈夫だ。先生が買っておいた
ナムジュン
ナムジュン
え!?
ナムジュン
ナムジュン
…先生は神ですか?
先生  あぁ神だ
ナムジュン
ナムジュン
ほんとにすみません…
先生  なむじゅん。そう言う時はな…謝るんじゃなくてお礼を言ったらいいんだぞ?
ナムジュン
ナムジュン
先生っありがとうございます😭
先生  おう!☆←
本当にこんな先生いたらいいのになんて思っちゃった☆←
---------------
その後授業は真面目に受けたなむさん🌱
でもこういう真面目な人が極たまに眠くなってカクカクなってるのが可愛いんだよね…((伝われっ
---------------
After School __ 🌆
家に帰る途中に落し物を拾ったなむさん
ナムジュン
ナムジュン
あ、落し物、、、
道路に汚れた可愛いハンカチが落ちていました
ナムジュン
ナムジュン
家持って帰ろう、、、
破かないでね?←
---------------
home  __  🏠
ナムジュン
ナムジュン
洗濯ってどうやってやるんだろう…
うん、可愛いが渋滞してるよ。♡
ナムジュン
ナムジュン
えとここを押して、、、、このボタンを、、、、
ナムジュン
ナムジュン
え!?なんかガタガタ言い出したあいああああ、やばい壊したかも。。。
ナムジュン
ナムジュン
おんまあぁぁあああああああああああああああああああああああああああああああ
結局はおんまに洗濯してもらうなむさん。可愛い。←
なむなむdr期の私にとっては想像しただけで鼻血だよね。うん。←
---------------
短い上に更新が遅れて申し訳ないです🙇‍♀️
次なむさん編最終回となります!!