無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

《30話》
母が亡くなって49日が過ぎた。
父はだいぶ変わった。
大酒飲みになり、
新しい奥さんを連れてきた。
私はその2人に暴力と暴言をされての毎日で、
とうとう限界がきた。
○○○
🇺🇸もう嫌だ!
こんな家族になるためにアメリカに来たんじゃないでしょ?母さんが死んでからおかしいよ、父さん!そろそろ目を覚ましてよ!
アッパ
🇺🇸黙れ!
お前は俺の下僕に過ぎない!
あと、前の母さんのことを言うんじゃない!嫌なら出てけ!
○○○
🇺🇸言われなくても出てくから!
🚪バタン!
○○○
(勢い余って出てくって言ったけど、私頼る人がこの国に居ないんだった。
あぁー、みんなに会いたい!)
ポツポツ
○○○
雨?
ザァー
○○○
(私の涙みたいだ。
もっと降れ…。
枯れるぐらい…。
もっと雨に打たれたい)
???
あなたさん?
あなたさんですか?
○○○
はい?
そうですが?
韓国人ですか?
???
はい、そうです。
私のことを覚えてませんか?
○○○
えっと…。すみません。
見たことがあるし、
聞いた事もある声ですが心当たりは…。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る