無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

《39話》
🚪コンコンコン
iKONマネージャー
失礼します
iKON
iKON
失礼します!
ヤン社長
ヤン社長
よし、これで全員揃ったな。
新しくiKONのマネージャーを付けることはみんな知ってるよな。
iKON
iKON
はい!
BIGBANG
BIGBANG
はい!
ヤン社長
ヤン社長
で、そこのフード被っている子に新しくiKONのマネージャーを務めてもらうことにした。だが、この子はマネージャーをするのが初めてなので、今までBIGBANGのマネージャーとして修行をしてもらっていた。
G-DRAGON
G-DRAGON
すごく頑張っていましたよ!
ヤン社長
ヤン社長
まぁ、俺も見てる限りでは頑張っていてお前らのマネージャーとしては適任だと思う。だから、お前らのマネージャーはこの子でもいいよな?
B.I
B.I
はい。全然平気です。しかし、顔がわからないと少し困ります。
ヤン社長
ヤン社長
だろうな。フードを取ってやれ。
○○○
はい…。
あなたはフードを取った。
あなたが最初に見たみんなの顔は驚いていた。
JAY
JAY
え!?
あなた?
B.I
B.I
あなたがいることを今まで秘密にしていたんですか?
ヤン社長
ヤン社長
あぁ。
BOBBY
BOBBY
社長、意地悪過ぎですよwww
ヤン社長
ヤン社長
そ、そうか?
まぁ、お前らのマネージャーは今後あなたにやってもらう。
いいよな?
iKON
iKON
はい!
ヤン社長
ヤン社長
じゃあ今日の話は以上だ。
解散!
BIGBANG
BIGBANG
失礼しました。
iKON
iKON
失礼しました。
○○○
失礼しました。
iKONマネージャー
失礼しました。
社長室を出た後…。
○○○
ちょっとジヨンの所に行ってきます!
iKON
iKON
はぁーい
🏃🏼‍♀️~
○○○
ジヨン!
G-DRAGON
G-DRAGON
なぁに?
○○○
これ、後でお洗濯してお渡しします。
あと、BIGBANGの皆さんに伝えてください。2ヶ月間ありがとうございました。
G-DRAGON
G-DRAGON
うん!
あと、これは洗濯しなくてもいいよ。
今日俺着る予定だったから。
○○○
え、でも…。
G-DRAGON
G-DRAGON
いいの。
ほら、みんなの所に行ってきな。
○○○
はい!
🏃🏼‍♀️~
G-DRAGON
G-DRAGON
(ホントに面白い子だったな)
あなたがiKONのもとに戻って…。
○○○
ごめんなさい。
iKON
iKON
おかえり、あなた!
あなたは思った。
この人たちのもとに帰ってこれてよかった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る