無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

《37話》
あなたがマネージャー修行始めて2ヶ月
あなたside
○○○
今日は社長から呼ばれていて、
社長室に午後2時です!
G-DRAGON
G-DRAGON
了解!😊
SOL
SOL
いやー
あなたが来てからもう2ヶ月か…。
早いな。
T.O.P
T.O.P
あなたが居ないと寂しいです
D-LITE
D-LITE
また会いに来てくださいね
V.I.
V.I.
やだぁー
あなたと離れたくない
○○○
今度は同じ会社の中にいるから、
いつでも会えるよ!
G-DRAGON
G-DRAGON
あなたがジナンと付き合ってなかったら、あなたのこと好きだったのにな〜
○○○
え…。
あ、りがとう…。/////
今日はBIGBANGは特に仕事が無かったので、
みんなで話していた。
あなたの心の中はもうすぐでiKONのマネージャーになれるんだという思いとBIGBANGのみんなとお別れになってしまうという悲しい思いが交わっていた。
一方、iKON side
iKONマネージャー
今日は社長室に午後2時ね。
ホントに今日私は退職だから。
新しいマネージャー来るから仲良くね
iKON
iKON
はぁーい
CHAN
CHAN
それにしても、新しいマネージャーって誰ですかね?
JAY
JAY
なんか知ってる?
iKONマネージャー
なんにも知らないよ
BOBBY
BOBBY
とりあえず、午後2時な。
OK!
B.I
B.I
じゃあ、長い間iKONのマネージャーとしてお疲れ様でした!そして、ありがとうございました!
iKON(ハンビン以外)
ありがとうございました!
iKONマネージャー
ありがとう!
新しいマネージャーとも頑張ってな!
なんせ、社長から聞いた話によると新しい人はマネージャーするのが初めてらしいからな!
SONG
SONG
初めてなんですか…。
ちょっと心配ですwww
iKONマネージャー
(おーい、あなたさん!
こう言われてるけど〜)
iKONも今日は仕事がなかったので、新しいマネージャーについてどんな子なのかというような内容の話をしていた。
そして、みんな胸中ではあなたがいいと願っていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る