無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

《29話》
一年後…。
バタッ
○○○
🇺🇸母さん!
どしたの?
母さん!
ピーポーピーポー🚨🚑
病院にて…。
○○○
あ、オンマ!
オンマ
あ、ら…。
あなた…。
韓国語は、ダメ、じゃないの
○○○
🇺🇸ごめんなさい。
オンマ
🇺🇸ふふふ。
ごめんなさいね、あなた
○○○
オンマ
🇺🇸あなたにお母さんらしいことが
出来なくてごめんなさいね
○○○
🇺🇸何言ってるの?
お母さんはお母さんでしょ?
オンマ
🇺🇸ありがとう。😊
ガクッ
○○○
🇺🇸お母さん?
お母さん?
ねぇ、やだよ…。
おかぁさん!
バタバタバタ
ガラガラガラ
アッパ
ハァハァハァハァ。
🇺🇸母さんは…死んだ、のか?
○○○
🇺🇸はい…。
何かを満足したかのように…。
アッパ
🇺🇸そう、か…。
○○○
🇺🇸葬儀はいつ…。
アッパ
🇺🇸明日だ
○○○
🇺🇸わかりました。
アッパ
🇺🇸帰るぞ
○○○
🇺🇸はい
医師に母の遺体を安置してもらい、
私と父は帰った。
翌日、何事もなく葬儀は済んだ。
私は母には心を少し許していたが、
父には全くと言っていいほど許していない。
母がいなくなった今後の生活がどうなるのか…。
あなたは心配でしかなかった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る