無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

《2話》
○○○
(初めてのLIVE…。
すごいドキドキする)
私はジナンに「LIVE来て」と言われて、来てみたのだが、LIVEというものが初めてだからドキドキした。
○○○
と、とりあえず、ペンライトも買ったし、歌もある程度覚えてきたから大丈夫だよね?
そして、会場への道のりを歩いている時
ヤクザ
おい、ねーちゃん。
ちょっと金くれね?
金なくってさ。
○○○
嫌です
ヤクザ
あぁ?
俺様に歯向かうたァいい度胸してんな
そして、ヤクザの男は腕を振り上げた。
殴られると思ったとき、
???
あんた、なにしてんの?
ヤクザ
あぁん?
誰だてめえ
???
大丈夫デスか?
○○○
あ、はい。
というか、後ろ平気ですか?
すごい怒ってるみたいですけど…。
ヤクザ
ふっざけんじゃねぇ!
俺様を無視するたァいい度胸だ
そう言って、ヤクザは腕を振り上げた。
それを彼はヒラリとかわし、ヤクザの男をグーパン1発で倒した。

(ヤクザよぇー笑)
そして、私は彼に連れられてLIVE会場に向かった。
○○○
あの、、、
お名前を教えてください。
助けてもらったのに、
名前を知らないのは…。
???
あぁ。
名乗り遅れちゃったね。
僕はiKONのチャヌだよ
○○○
!?!?
CHAN
CHAN
驚きすぎ 笑
てか、怪我とかはない?
平気?
○○○
は、はい。
ありがとうございました。
というか、なんでチャヌさんはLIVE会場の外を歩いていたのですか?
CHAN
CHAN
散歩
てか、敬語なしにしてよ!
○○○
あ、はい。
CHAN
CHAN
(‹●›_‹●›)
○○○
じゃなくて、うん!
CHAN
CHAN
てか、君は誰ペンなの?
○○○
あ、まだペンになったばかりで、
誰ペンとかはないな…
今回のLIVEのチケットだって、
ジナンにもらったから…。
CHAN
CHAN
え!?
ジナニヒョンが!?
君ジナニヒョンとどういう関係?
○○○
高校時代の友達だよ
CHAN
CHAN
てことは、君はヌナになるのか…。
○○○
(あっ!
てっきり年齢を明かしてしまった。)
CHAN
CHAN
あとさ、ずっと聞き忘れてたんだけど
○○○
CHAN
CHAN
名前なんて言うの?
○○○
あっ!
忘れた…。(汗)
あなたっていうの
CHAN
CHAN
あなたね。
可愛い名前😊
あとさ、カトク交換しよう
○○○
あ、うん!
そして、2人は会場に着き、
あなたは初のLIVEを楽しんだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る