無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

《40話》
B.I
B.I
じゃあ行こう?
俺たちの家に
○○○
あ、はい!
車出してきます!
iKON side
SONG
SONG
あなたホントにマネージャーの仕事が板についてるね
CHAN
CHAN
前までは元気に話して遊んでたのに
DK
DK
アメリカでの生活が
あなたを変えたのかな?
JU-NE
JU-NE
…そうかもしれないですね
BOBBY
BOBBY
とりあえず、俺たちが暗くちゃあなたも仕事しづらいかもしれねぇから、俺たちだけでも明るくしよう
B.I
B.I
バビの言うとおりだな
JAY
JAY
○○○
車出してきました!
車の中
シーーーーーーーーーーーーーン
iKON
iKON
(気まずい…)
○○○
(気まずい…)
iKONハウス着
○○○
着きました!
iKON
iKON
ありがとう!
B.I
B.I
あなたは俺たちと一緒に住むんだよね?
○○○
あ、はい!
言い忘れました!
DK
DK
部屋どうする?
○○○
あ…。
iKONさんがいいと思う所で
B.I
B.I
じゃあ、前いた部屋ね
○○○
はい!
あなたの部屋
○○○
(この部屋こんなに広かったっけ?でも、iKONのみなさんに迷惑かけたから、せめてマネージャーとしてちゃんと支えなくては!)
B.I
B.I
準備終わった?
○○○
はい!
B.I
B.I
じゃあリビング行こう
○○○
はい!
リビングの雰囲気は以前あなたがいた時よりも
ひどく重くなっていた。
JAY
JAY
ねぇ、あなた…。
その重苦しい空気をかき消すかのように
ジナンが口を開いた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る