無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第45話

《41話》
JAY
JAY
ねぇ、あなた…。
○○○
はい
JAY
JAY
アメリカに行ってる間何があったの?
○○○
なんでですか?
JAY
JAY
いや、帰ってきてあなただいぶ変わったからみんな心配してるんだよ
○○○
いえ特に
JAY
JAY
それとも勝手にここを出ていったことを引きずってる?
○○○
…い、いえ
JAY
JAY
あなたのことだからそのことに何か引きずっているんじゃないかって言ってたんだけどやっぱりそうだったんだね
○○○
何故そう思ったのですか?
JAY
JAY
あなたのぎこちないその敬語
○○○
っ…。
JAY
JAY
そんなこと俺ら全く気にしてないから。
○○○
みんなの元には帰りたいけどオンマとアッパが外を出ていくことすら禁じていて、唯一心が許せたオンマは死んじゃってどうしようかと…。
でも韓国には帰れないし、帰ったところでみんなが私のこと許してくれないんじゃないかって心配でどうしようもなかったんですよ。
で、前のマネージャーさんにアメリカで会って、帰れると思ったけど、帰ってマネージャーやる時、どう接すればいいのか分からなくて…。
JAY
JAY
そうだったんだ…。
BOBBY
BOBBY
だから、俺らにぎこちなかったの?
○○○
はい…。
B.I
B.I
前までみたいに接して欲しいんだよ。
俺らはあなたが前みたいにしてくれないとすごく寂しいし、辛い。
だから、俺らにもう1度前のあなたの姿で接してくれないか?
○○○
いいんですか?
DK
DK
だから言ったでしょ?
敬語なしでって!
○○○
ありがとう…。
JU-NE
JU-NE
今度はマネージャーとして、
CHAN
CHAN
よろしくお願いします!
JU-NE
JU-NE
オイッ( ̄Д ̄)ノ
○○○
www
SONG
SONG
久々にあなたの笑ってる顔が見れたwww
○○○
改めまして、
よろしくお願いします!
改めてiKONのマネージャーになれたあなただった。
その時のあなたは今まで無かったぐらいの笑顔だった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る