無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

《27話》
ジナンside
ジナン in あなたの部屋
JAY
JAY
(ここも広くなったな…。
あなたもう飛行機で飛んでったかな。
ん?なんかここに置いてある。)
『ジナンへ
今までお世話になりました。

こんな私のことを好きでいてくれて、
ありがとう。

ジナンと遊んだ日々は楽しかったよ。

本当は大好きなジナンと出会った、
この国を離れたくないけど、
どうしても行かなくては行けなかった。

勝手かもしれないけど、
もう1回この国に帰ってこれたら、
私ともう1度付き合ってくれませんか。

사랑해요

あなた』
JAY
JAY
何言ってんの…。
勝手だな、あなたは…。
俺は別れたつもりなんて、
全くないから
そして、泣き疲れたのかジナンは家具以外何も無いあなたの部屋で寝てしまった。
大事な大事なあなたからの手紙を持って…。
JAY
JAY
あなた…。
사랑이…。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る