無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

《8話》
学校にて
○○○
(今日も1人ぼっちか…。)
先生
お〜い、あなた!
○○○
は、はひぃ!
あ、先生!
なんですか?
先生
あなた、今暇か?
○○○
はい…。
先生
じゃあ、これを整理して俺ん所に持ってきてくれ!
○○○
は、はい…。
先生
あ、あと…。
○○○
何でしょうか?
先生
1人だと大変だと思うから、コイツとやってくれ
○○○
わかりました
ジョングク
ジョングク
よろしく!
先生があなたって呼んでたから、名前はそれでいいのかな?
○○○
うん、あなただよ。
よろしくね。
ジョングク
ジョングク
あなたって4年の先輩だよね?
すごい3年の中で有名だよ!
○○○
なんで?
ジョングク
ジョングク
この大学の中ですごい美人だっていう噂があるんだよ。
でも、ホントに綺麗だよね
○○○
ありがとう/////
とりあえずさ、この仕事早く終わらせようか?
作業が終わり…。
ジョングク
ジョングク
ふー
終わったー
○○○
ありがとうね、ジョングクくん
ジョングク
ジョングク
ジョングクじゃなくて、グクって呼んで!
○○○
わかった!
グク!
ジョングク
ジョングク
/////
○○○
www
こうして、あなたはグクという大学内で初めての友だちが出来た。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る