無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

《38話》
午後2時になる10分前
あなたの社内用電話が鳴った
○○○
📞はい、あなたです
ヤン社長
ヤン社長
📞今日社長室に午後2時ってなってたやつ、あなたはパーカーのフードとかを深く被ったりして、とりあえず顔を隠していてくれ。俺が取っていいと言ったらiKONのみんなにあなたの顔を見せつけてやれ。いいな?
○○○
📞はい!
ここで社長との通話は終わった。
G-DRAGON
G-DRAGON
どしたのぉん?
○○○
午後2時に集合する時、パーカーのフードを深く被って来て欲しいって。
T.O.P
T.O.P
なんでですか?
○○○
私がいるということは最後の最後まで明かさないようにするためだよ。
D-LITE
D-LITE
じゃあ、ジヨンヒョンあなたにパーカー貸してあげればいいじゃないですか?
○○○
い、いや。
大丈夫だよ!
私のあるし
G-DRAGON
G-DRAGON
あ、OK!
はい、どうぞー
○○○
いや華麗にスルーされたしwww
ありがとう!
で、急だけど、そろそろ行こう!
BIGBANG
BIGBANG
おー!
社長室前に着
🚪コンコンコン
○○○
失礼します
BIGBANG
BIGBANG
失礼します!
ヤン社長
ヤン社長
お、早いなwww
まだ7分前だぞ。
午後2時になるまでの間、社長はBIGBANGと次の公演の話やなんかを話していた。
私はiKONのみんなが来るのを待っていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る