無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

《21話》
○○○
え、えーと…。
ジナンだっけ?
JAY
JAY
そうだよ
○○○
ごめんね、頭の中がまだ整理しきれてないから…。
JAY
JAY
いいの!
○○○
でも、どうしたの?
JAY
JAY
何度も聞いて悪いけど、
本当に俺らのこと忘れたの?
○○○
そうだよ、楽しかった思い出も悲しかったことも全て…。
JAY
JAY
これでもなの?
チュッ💋💕
○○○
!?!?
JAY
JAY
www
○○○
ちょっと!
私のファーストキス奪わないで!
JAY
JAY
ごめん、ごめんwww
でもね、記憶を無くす前にもこんなことしたら、あなたはなんて言ったと思う?
○○○
ん〜?
JAY
JAY
さっきと同じこと言ってたのwww
○○○
そうなんだ…。
ジナンさ、私が記憶を無くす前は私はジナンのこと好きだったのかな?
JAY
JAY
それは分からない笑
けどね、俺は高校の時からあなたのことがずっとずっと…だった。
○○○
JAY
JAY
だから、俺はあなたが好きだったの!/////
記憶を無くした今でもずっと好きだよ!
なのに、俺の事置いていかないでよ!
○○○
そうだったんだ…。
ごめんね。
でも、こんな記憶の無い私を愛してくれてありがとう…。
JAY
JAY
だから、俺と付き合ってください
○○○
いいの?
JAY
JAY
いいから言ってるの!www
○○○
じゃあ、ふつつか者ですが、
よろしくお願いします!😊
JAY
JAY
やったー!
○○○
www
JAY
JAY
みんなにこのこと言ってこよう!
○○○
へ?
JAY
JAY
だーかーらー!
このこと言ってこよう!
iKONのみんなに!
○○○
…いいよ/////((ボソッ
JAY
JAY
じゃあ行こー!
そう言ってジナンは私の手を引いてみんなのいる部屋へと向かって行った。

私の手を引いてくれる手はとても大きく感じた。

そして、あなたはこんな人といつまでもいられたらいいのにと思っていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る