無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

460
2020/06/08

第22話

第十九話 仕事
ケニー(昔)
ケニー(昔)
あなた!リヴァイ!仕事の時間だ!
リヴァイ(幼少期)
リヴァイ(幼少期)
おう!
(なまえ)
あなた
え!私もいいの?
ケニー(昔)
ケニー(昔)
あぁ、あれだけ強けりゃ大丈夫だ!
クシェル
クシェル
兄さん仕事の内容はくれぐれも……
ケニー(昔)
ケニー(昔)
大丈夫だ!
俺だって可愛い甥と姪に、
そんな仕事させたくねぇからな。
『ガキ共に触ったやつ殺すしな…。』
クシェル
クシェル
そうかね!
疑ってごめんなさい兄さん!
『兄さんが重度の叔父バカ
 なの忘れてたは、
 そんな兄さんに子供達を任せて
 子供達に危害を加える奴らを、
 殺りに行く私も親バカね……。』
ケニー(昔)
ケニー(昔)
お前らぁ行くぞ!
リヴァイ(幼少期)
リヴァイ(幼少期)
あぁ
(なまえ)
あなた
うん!(≧▽≦)
ケニー(昔)
ケニー(昔)
あなた、
笑顔は仲間以外にあまり見せるな、
危ねーから。
(なまえ)
あなた
(?_?)わかった!
ケニー(昔)
ケニー(昔)
おう!
そしてあなたは地下街の、
可愛い死神と呼ばれるようになった。
【天使のように可愛いのにめっちゃ強い
 あなたに殺されるなら悔いは無いと、
 言うような話が地下街でもちきり】
【あなたは、殺しをしたことは無い。
 リヴァイも殺しをしない。
 ケニーがしてる。】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短くてごめんなさいm(_ _;)m