無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

737
2020/05/23

第4話

第二話 死へのカウントダウン
登校中
(なまえ)
あなた
メ〜ルト🎶🎶🎶
男の子が道路に飛び出した
(なまえ)
あなた
!!危ない!!
男の子
男の子
うぉ!?
キキィー(トラックのブレーキ音)
男の子
男の子
えっ!?
(なまえ)
あなた
ガッホッ ゲホッ ゲホッ 
(血を吐く)
あなたは男の子をかばってトラックに
ひかれた
男の子
男の子
お姉ちゃん!お姉ちゃん!!
しっかりして!死なないで!(泣)
(なまえ)
あなた
君…は……怪我……してな…い?
男の子
男の子
お姉ちゃんがかばってくれたから
大丈夫(泣)
誰か!!救急車呼んでください!!(叫ぶ)
(なまえ)
あなた
良か…っ…た
(なまえ)
あなた
『男の子が助かって良かった
 あ〜痛かったのに痛み
 感じなくなっちゃた……
 死ぬのかな…
 自分の気持ち皆に言えば良かった
 大好きだよ!て…
 ずっと友達でいよって…
 それに死ぬなら…
 ハードディスク
 叩き割らないと……』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その日私は死んだ…………